チベット体操 息を吐くとき

先日の『あと1センチ』の記事の中に、息を吐く時の事を書きましたが、もう少し書き加えますね。

息を吸うときには、丹田を意識してしっかりと吸います。

息を吐くときは、膨らんだ丹田を意識して凹ますような感じで、腹筋、背筋、肛門辺りの筋肉をキュッと締めて、トホホというまで吐き切ります。今日の ゆみこさんのブログに、解りやすく書いてくれてありました。


最初はちょっと難しく感じるかも知れませんが、そのうちに出来るようになります。
肛門付近を意識してキュッと締める事で、思わぬ副産物があるかもしれませんね。

その時にお腹が凹んだところまで、チベット体操でお腹が凹みます。

ですから、この呼吸はしっかりとマスターして下さい。
この呼吸がしっかりと出来ていれば、回数は3回で十分だと思います。

浅い呼吸で回数を増やすよりも、深い呼吸とゆっくりの体操で、一つひとつの動作をしっかりと行って下さいね。

"チベット体操 息を吐くとき"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: