チベット体操 そんな所にいちゃだめだよ

(撮影日2018.06,17) 悩み事を相談された時に、こう言った事がある。 そんな所にいちゃだめだよ 富士山に登ってごらん、少し登っただけでも、その高さにいるのは、自分と同じような意識を持った人たちばかりだよ。 日常の些細なことに心を奪われる事で、怒ったり、悲しんだりの繰り返し。 雲の上から下界を眺めたら、そんなことはどうでも良くなるよ。 チベット体操だ…

続きを読む

チベット体操 誰もが同じ道を登る

(撮影日2018.06,17) 富士山の登山道には、写真のようにロープを張ってくれてあります。 登山者は、この道を通って山頂を目指すんです。 数えきれないくらい上ってる方も、トレランの強者も、初心者も、誰もが同じ道を通るんです。 この道さえ間違えなければ、安心をして登ることができます。 見上げれば、この先の道のりが確認できるので、自分のペースで登る事が一番大事です。…

続きを読む

チベット体操 荷物は軽いほうが良いに決まってる

富士宮ルート6合目付近(撮影日2018.06,17) 7月1日山梨県側で富士山が山開きしました。 静岡県側は7月10日に、正式な山開きとなります。 じゃ、山開きの前と後では何が違うのか? 山小屋が確実に開いているんです。 で、何が違ってくるのか? 荷物の中身が違ってくるんです。 山小屋に置いてあるのもを、わざわざ下から背負って行かなくても良くなるんです。…

続きを読む

チベット体操 異次元の景色

御殿場方面を見る(撮影日2018.06,17) 御殿場ルートから宝永火口を経て富士宮5合目に戻る、プリンスルートは、異次元の景色を見ることができます。 写真は、御殿場ルートが見えています。 手前の高い杭が立っているのが下山ルート(大砂走り)。 写真中央が上りの登山道です。 その向こうに河口湖を臨む事ができます。 御殿場ルートは、この何もない所をひたすら登るんです。…

続きを読む

チベット体操 ホームグランド

夏至前で十分な明るさはあるのだけれど、暗くならないうちにと下山を始めた。 登山道の鳥居をくぐり歩き始めたが、何だかちょっと様子が違うことに気がつく。 登山道の岩が、何となくガサガサしていて、不安定な状況だと思われた。 富士宮ルートは、登山道の勾配がきついので、不安定な足元に不安を覚えた。 そういえば、登ってくる時に、下りのブル道を使う人が多かったのも気になっていた。 …

続きを読む

チベット体操 火口を見下ろす

日本最高峰富士山剣ヶ峰の石碑から見下ろす火口は、とんでもなく荒々しい風景だ。 湖の向こうにそびえる美しい富士山 雲海の上に頭を出した端麗な富士山 そんな富士山からは想像もつかないほど、人を寄せ付けない厳しさを持っていることに驚く。 しかし、もっと驚く事があった。 この雪の斜面を、スキーやスノボーで滑っている人たちがいる事だ。 そういえば、スキー板と靴を背負ってる登…

続きを読む

チベット体操 最後の登り坂

登山道を登りきり  「やったー!!」 なんとかここまで来れた と思うのだけれど、実はもう一段高い場所が目の前にある。 剣ヶ峰だ。 あの一番上が、日本最高地点3,776mだ。 目指そうとするが、この坂がこれまたキツイ(笑)。 なかなか、すんなりとは目的は達せられないが、最後の登りであることには間違いない。 登った人にしか解らない格別なものが待っててくれてい…

続きを読む